15万円小切手がアメリカ政府から日本の高齢者に届いた!貰えるの?

15万円小切手がアメリカ政府から日本の高齢者に届いたというニュース。さぞびっくりしたことでしょう。それで、貰えるの?

スポンサーリンク

15万円小切手がアメリカ政府から日本の高齢者に届いた!

コロナ禍で生活に苦しむ人への支援策として、1人あたり最大1400ドル(15万円余り)を政府が支給する――。そんなバイデン政権の政策で、米国政府が発行した小切手が4月以降、日本の高齢者らのもとに次々と届いている。受給資格があるのは原則、米国市民や米国在住者で、多くは誤配とみられるが、なぜこんなことが起きたのか。年金など日米間の社会保障に詳しい「海外年金相談センター」の市川俊治代表に、事情や背景などを解説してもらった。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/edf5a16b3d07d8d6c0dca324310d20251d7982e8

動画ではこちら↓

羨ましいなアメリカ!10万円の給付金さえ時間がかかった日本とは対照的だなあ。

とはいえ、これはびっくりするわ~!

15万円小切手は残念ながら…

貰えないのね、当然かあ。

15万円小切手が届いたらどうすりゃいいの?

日本に居る人は一年以上放置ということですね。でも、

ありがたく受け取って現金化したら
何か罪になるのでしょうか?

そこのところを解説してください。

ここ、気になりますね。

スポンサーリンク

15万円小切手がアメリカ政府から日本の高齢者に届いた!貰えるの?まとめ

15万円小切手がアメリカ政府から日本の高齢者に届いたのは、アメリカ政府が給付を急いだ事によるミスでした。

日本在住で、給付の条件を満たしていない方は貰えません、という事です。

タイトルとURLをコピーしました